飛んで火に入る夏のボク

ほぼ必ず病院に行ったらADHDだと言われるASDの創作のこととか発達障害者の生き方だったりを書いていきます @sararai19721124 merowdesho111☆gmail.com

オーケストラ譜でよく忘れる単語の意味をまとめる。

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村 宜しければクリックお願いします!

ウンポコソステヌート、素晴らしい響きですね。

 

DTM記事の今回はオーケストラの譜面を読んでて

この単語どういう意味だったっけな…って僕がド忘

れになる単語の意味をまとめてみます。

 

コレ、そういう意味やったんかワレェ!って

感じになって頂ければ幸いです。

 

con sord.

 

コンソルディーノ。弱音器(ミュート)をつけてという

意味です。金管楽器などのミュートのことです。

 

senza sord

 

 

センツァソルディーノ。ここからは弱音器なしで演奏

してね~って意味です。よく見落とします、僕だけで

しょうか。

 

Side drum

 

 

サイドドラム。小太鼓です。スネアドラムとほぼ同義で使ってます僕は。

 

ド忘れして調べて

あああああああ!!コレなんで忘れてたの!

ってなる単語です。

 

poco a poco

 

 

ポーコアポーコ。かわいいですね。

少しずつという意味です。

このあとにディミヌエンドやクレッシェンド

とかが付いてきます。

 

poco a poco dim

 

poco a poco cresc

 

など。

 

 

a2

a3

 

上からア ドゥエ。ア トレ。

a2なら二つでa3なら三つで同じパートを演奏しなさい。

という意味です。

ソロのとき、同じ楽器でそれまでにパートが分かれてい

たりしたときに使われる単語です。

 

Arco

 

アルコ。弓を用いて弾きなさいという意味です。

ピチカートのあとによく見ます。

 

col regno

コルレーニョ。ニョ。

弓の反対側の木の部分で演奏(叩く)意味です。

異様な雰囲気が出ます。

ホルストの火星とかめっちゃカッコ良い。

 

以上。

スルポンティチェロとかは何故か覚えてたりします。

(駒の近くで弓で擦って演奏する)

 

ポコアポコちゃんはメインヒロインですね。

ウンポコソステヌートちゃんはツンデレ

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。