飛んで火に入る夏のボク

ほぼ必ず病院に行ったらADHDだと言われるASDの創作のこととか発達障害者の生き方だったりを書いていきます @sararai19721124 merowdesho111☆gmail.com

モーツァルトのような流麗さ、フランス六人組のプーランク

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村 宜しければクリックお願いします!

リオの結果をずっと見てます、こんにちは新井です。

 

今回はまるで水面の上でフィギュアの二連続三回転ジャンプを織

り成すように、流麗で軽快な旋律を演奏する

 

フランス六人組の、プーランクの楽曲を紹介したいと思います。

 

では早速紹介していきます。

 

 バレエ音楽  牝鹿 

    ラグ・マズルカ

www.youtube.com

うーん軽快。弦楽のハーモニーが美しいです。

2:50あたりからの緊張感が良い。

 

同曲五楽章

 

www.youtube.com

金管の使い方がめっちゃ綺麗。

 

2:40あたりからの和声の流れが最高です。エスプリに富んでるなぁ。

 

 

管弦楽 シンフォニエッタ

シンフォニエッタ (プーランク) - Wikipedia

第1楽章 アレグロ・コン・フォーコ

 

www.youtube.com1分

0:10の主旋律のリズムを保ちながらいろんな楽器で応用させて

いく手法が良いですね。

1:31付近の分厚いハーモニーとアーティキュレーションがもう天才

 

チェンバロ協奏曲 田園のコンセール

 

第三楽章 フィナーレ

 

www.youtube.comぼうとう

冒頭のイタリアのようなクラウザンソロがどんどん暗くなっていき

とたんに明るくなったり、この軽妙洒脱さがたまりません。

 

終わりに

 

非常に自由な作風、大胆なオーケストレーション、そして快活なメロディー

が特徴のプーランク

 

そんなプーランクの好きな曲をまとめてみました。

 

日曜の午後にピッタリだと思います。

 

ありがとうございました!